脱毛は先進国の証?国によって違うムダ毛処理

日本人は脱毛に関心が低い?

一説によると、日本人女性が欧米でシャワーを浴びると大注目されるそうです。その理由はムダ毛にあります。アンダーヘアの手入れをしていないのは日本人ぐらいだという話があるのです。何でも欧米人にとってはアンダーヘアを伸ばしていることは不潔の象徴なのだとかで、ツルツルにしてしまう人が圧倒的に多いと言われています。しかし、ブラジルなど国によっては同じ処理するにしても最低限のラインだけ残したり、ハート形に残して剃る人もいたりと、国の特徴が出るのは面白いですよね。

ビキニラインも欧米人とは意識が違う?

欧米人はアンダーヘアに限らず、とにかく頭髪以外のヘアはすべて処理してしまう人が多いそうです。実はムダ毛処理の歴史を遡っていくと、その始まりはシラミなどの駆除から始まっているとも言われています。中世ヨーロッパでは衛生面でアンダーヘアそのものをきれいに剃毛する人が多く、現代もその流れで衛生的と考える風潮があるという見方もされています。しかし、女性の場合にはビキニラインを気にするという考えの方が現代では一般的な考えのようで、アンダーはきれいに脱毛するのが欧米女性の主流なんですね。

日本女性の美意識とは?

これに対して日本女性の場合は、ムダ毛処理というとワキやすね毛などが主流のようです。アンダーヘアにまでこだわる人はモデルさんなど何らかの水着を着用する機会の多い職業に集中しており、一般女性がアンダーヘアのお手入れをサロンでするというのはまだまだま少ない傾向が見られます。そんな部分を他人様に見せるのは恥ずかしいという感覚が多いということでしょうか?しかし、海外にはワキ毛は処理しないという女性もいたりと、国によって違うムダ毛処理の感覚は何とも面白いですね。

夏になると、脇をはじめ、足や腕のムダ毛が気になりますよね。脱毛を自分でしてもすぐ生えてくるし、かといってお店でしてもらうのは安全性に不安があると言うかたは医療脱毛を東京でしてみてはいかがでしょうか?