元々の骨格が悪い・・美容整形で何とかなるの?

骨格は手ではどうにもならない

顔が大きい方は顔の骨格が大きいことがほとんどです。海外では小顔は幼く見えて敬遠されることもありますが、日本では小顔こそ正義とメディアはもちろん美容業界でも宣伝しています。たしかに女子で顔が大きいと何かと嫌ですよね・・。よく手の圧力や物を使って間接的に骨に刺激を与え小顔にするといった広告をよく目にすると思います。しかし、それは全くの嘘であり骨が変形するのは骨折やひびが入った時のみなのです。一時的に効果はあってもすぐ戻ってしまいます。

輪郭を小さくするには

輪郭は顔の印象に大きな影響を与えてしまいます。男子ならホームベース状でも四角でも男らしくなる方は大勢いらっしゃるかと思いますが、女子ではまず可愛く見せるのは困難でしょう。髪型や化粧でごまかすしかないのです。輪郭を変えるには美容整形で輪郭の骨を削ることになります。ほぼ外科手術ですね。削りすぎない限りあまり後遺症はなく、メンテナンスもほとんど必要ないのです。何かを入れるわけではないので感染症の心配もありません。

鼻を高くしたり彫りを深くしたい

日本人はたいてい白人にあこがれを持つことがありますが、日本人に比べ白人は目と眉毛の位置が近かったり、顔のパーツが全体的に下に寄っています。彫りが浅い方は鼻を高くするために眉間あたりにプロテーゼを入れます。普通は元々の骨格に合わせたものを入れるのですが、どうしても気に入らない場合は周りの骨を削ってさらに鼻を高くしようとする方がいるのです。しかし限度がありますしプロテーゼを入れると肌が薄くなってしまいますので、医師の方の話はしっかり受け入れましょう。

今の時代美容整形をネイルサロンや美容院に行くような感覚でしているひとがたくさんいますし、価格も比較的お手頃な価格になっています。